【療育】発達障害の息子の早期療育~幼稚園入園前編~

今回は、息子の幼稚園入園前まで行っていた療育のお話です。

自閉スペクトラム症の息子は、2歳1ヶ月から療育を始めました。

入園前の3歳5ヶ月までに2つの施設にお世話になっております。

※入園前までの息子の様子については、↓↓↓にも書いています。

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。 私には、自閉スペクトラム症と診断された息子がおります。 今回はその息子の成育歴について...

療育歴のまとめ

息子の療育歴を年表風にまとめました。

今回のテーマは黄色のマーカーをした部分のお話しになります。

2歳1ヶ月   社会福祉協議会にて療育教室。(小集団療育月4回)~2歳8ヶ月まで

2歳1ヶ月     社会福祉協議会にて在宅訪問。(個別療育月4回、1回1時間)~2歳8ヶ月まで

2歳8ヶ月   発達専門診療所、児童精神科の医師より、自閉スペクトラム症と診断。

2歳8ヶ月   療育専門施設にて療育教室に移行。~3歳5ヶ月まで


3歳5ヶ月   地元の私立幼稚園に入園  ↓年少↓

3歳6ヶ月   療育専門診施設にて並行通園開始(週1回)~3歳8ヶ月まで

3歳8ヶ月   発達専門診療所にてOTを開始(月1回程度)~6歳2ヶ月まで

3歳9ヶ月   発達専門診療所にて心理を開始(月1回程度~半年に1回程度)~7歳4ヶ月まで

4歳0ヶ月   発達専門診療所にてSTを開始。月1回程度)~6歳4ヶ月まで

年少の冬~年中にかけてペアレントトレーニングを行う

4歳5ヶ月 ↓年中↓

4歳11ヶ月 民間療育施設にて療育開始(個別療育週1回、1回1時間)~6歳6ヶ月まで

5歳5ヶ月 ↓年長↓


6歳5ヶ月   特別支援学校入学

幼稚園入園前に受けた療育の内容

社会福祉協議会での小集団療育

まず最初は、社会福祉協議会で行った集団療育についてです。

基本的に、週1回、平日の午前中に行われる小集団療育でした。

ちなみに、親子で参加します。

最初行った時は親子が3組くらいだったかな~。

参加していくうちに参加親子が増え、最終的には6~7組くらいだったでしょうか。

それに、先生が3人程です。

行ったらまず部屋のおもちゃで自由に遊ぶ時間があります。

10時からだったかな?

ちょっとした朝の会のような、手遊びや呼名等を行いました。

椅子に座る時間です。

それが終わると、本日の活動。小麦粉粘土やサーキット等をやった記憶があります。

最後におやつの時間があり終了です。

11時くらいに終わり、その後そのまま帰ってもいいですし、児童館が併設していたので、そこで遊びながらママ友同士お話していくことが多かったです。

社会福祉協議会の在宅訪問

続いて、在宅訪問についてです。

”在宅訪問”って私は呼んでいますが、正式な福祉サービスの名称は何ていうかわかりません。

児童発達支援?

ちょっとすみません😭

詳しいことはお住まいの地域の福祉課にお尋ねください🙏

これも、社会福祉協議会で行っており、小集団療育と合わせて利用できました。

我が家の場合、最初うちに来てもらっていたのですが、うちにおもちゃが多く、息子の気が散りやすかったため、私の実家に来てもらうようにしました。

社会福祉協議会の先生が、息子の課題に合わせたおもちゃを持って来てくれて、1対1で1時間遊んでくれます。

これも基本週1回、平日の昼間の時間です。

私は、遊んでもらっている間、その様子を見ていればよく、先生ともお話ができたため、少し息抜きができた時間でした。

よく会う親族以外の大人とじっくり遊ぶという経験は、後々とても役に立ったと思います。

親以外の大人も信用できることを学べますし、先生も数人ローテーションで来るので、人に慣れることもできます。

また、違った視点で息子を見ていただき、私も新たな発見がありました。

↑このお豆じゃらじゃらが好きでした😅

療育専門施設での親子療育

社会福祉協議会での療育を受ける中、より専門的な療育を求めて、療育専門施設への移行を希望しました。

定員の空きが出るまで数カ月待ちましたが、早めに動いたこともあり、無事に入園前の約1年間、希望通り移行がかないました。

療育専門施設での療育も、平日昼間の午前中、週1回のペースで行われました。

親も一緒に参加し、周囲で見守る感じです。

社会福祉協議会の療育と大きく違うところは、

・個別の療育計画がある(下記の参考をご覧ください)

・毎回、1週間のできごとや困ったこと等を書いて療育に参加する。

・毎回療育の後、先生と話す時間

・座談会等、親へのアプローチがある

くらいだったと思います。

【参考】個別療育計画↓

他にも、その施設で発達検査を受けることができるので、顔の知った先生から発達検査を受けることができました。

また、その療育施設の隣に、障害児通園施設が併設されていたため、将来的には幼稚園には通わずに、そこに通わせたいな・・・という思いもありました。

療育内容的には、社会福祉協議会の療育を拡大したようなものでしたが、施設自体の設備がしっかりしているので、部屋のすぐ隣に子ども用のトイレがずらりと並んでいたり、天井からブランコ等がぶら下げられるような作りにしてあったり、持っている物が違いました。

それから、1度OTの先生が入ってくれて、運動機能を見てくれました

👇

2回お弁当を作って行った日があって、その日はSTの先生が入り、言語指導や口周りの使い方などを見てアドバイスをしてくれました

👇

発達検査を行ってくれる臨床心理士の先生が見学に来ることもしばしばありました。

👆療育の卒業間際に撮った写真です。

幼稚園の体操服を着ております。

園の服に慣れてもらうために、最後の1ヶ月間くらい、園の服やかばん、上靴を履かせて療育に参加しました。

最後に

ここで書いた”療育”の内容はあくまで我が市の場合です。

療育場所の数や程度等は地域差があることでしょう。

これらの施設を利用するには、”受給者証”というものも必要でした。

詳しくはこちら👇が参考になります。

制度のことは難しいので、市や相談窓口に聞いてください。

ですが、私の住んでいる市の場合、この受給者証の申請は『障害者福祉課』で行っているんですね。

だから、まだ”障がいなのかな?”という悩ましい時期に障害者福祉課に行かねばなりませんでした。

私の場合、福祉課に行って窓口で受給者証のことを尋ねたら、

「あ、障がい者ですね。こちらになります。」

と言われ、『うちの子は障害者なんだ・・・』という現実を突きつけられた経験があります。

そういうのが辛いと感じる親御さんはけっこういます。

私はとにかく療育を受ける機会をたくさん求めていたのですが、社会福祉協議会や市といった公共の施設で行っている療育は併用できませんでした。

また、当時は民間の療育施設も近隣にはなかったと思うので、その選択肢もありませんでした。

現在も通院している、発達専門診療所の療育だったら併用できたと思いますが、その頃はそこで療育ができると思っていなかったので。

知っていれば使えたのにな・・・情報って財産ですね。

1番初めに地元の小児科で息子の発達を相談した際、療育の相談もしましたが、医者からは

「お母さん、都会に引っ越す気ありますか?専門的な療育を求めて東京へ引っ越したご家族もありますよ」とか

「あそこの療育を受けたかったら、施設の隣に引っ越すくらいの覚悟してください。」

と言われました。

それから、「普通子どもというのは、自分で色々吸収していきますが、こういう子はこちらから働きかけないと色々できるようにはなりませんよ。」とまで言われました。

これ、本当の話です。

この先生が主治医でなくて良かったですよ😓

でも、そういう専門性を求め、遠くの有名な病院や療育に通う方がいるんですよね。

私の身近にもおります。

すごいなぁと思います。

私はそこまでできません。

自分に行動力がないから言うわけではないですが、1番大事なのは、長く時間を過ごす家庭でどういう対応を取るか、ということだと思います。

療育も日々の積み重ねですからね。

とはいえ、なかなか日常生活の中で、親自ら療育的なことを家庭で実践するって難しいんです。

外国みたいに、セラピストが頻繁に家に来てトレーニングしてくれないかな~なんてしょっちゅう思っていました。

ここは日本ですし、引っ越すつもりもないので言っても仕方ないですが・・・

最後とりとめがない感じになりましたが、この回は以上になります。

最後までご覧いただきましてありがとうございます❗