【療育】発達障害の息子の作業療法(OT)

こんにちは🙂

今日は、息子が通ったOTについて書きたいと思います。

これまでの療育歴については↓↓↓をご覧ください。

今回は、息子の並行通園のお話です。 こちら↓の続きになります。 療育歴のまとめ 息子の療育歴をまとめました。 ...
今回は、息子の幼稚園入園前まで行っていた療育のお話です。 自閉スペクトラム症の息子は、2歳1ヶ月から療育を始めました。...

療育歴のまとめ

息子の療育歴を年表風にまとめました。

今回のテーマは黄色のマーカーをした部分のお話しになります。

2歳1ヶ月   社会福祉協議会にて療育教室。(小集団療育月4回)~2歳8ヶ月まで

2歳1ヶ月     社会福祉協議会にて在宅訪問。(個別療育月4回、1回1時間)~2歳8ヶ月まで

2歳8ヶ月   発達専門診療所、児童精神科の医師より、自閉スペクトラム症と診断。

2歳8ヶ月   療育専門施設にて療育教室に移行。~3歳5ヶ月まで


3歳5ヶ月   地元の私立幼稚園に入園  ↓年少↓

3歳6ヶ月   療育専門診施設にて並行通園開始(週1回)~3歳8ヶ月まで

3歳8ヶ月   発達専門診療所にてOTを開始(月1回程度)~6歳2ヶ月まで

3歳9ヶ月   発達専門診療所にて心理を開始(月1回程度~半年に1回程度)~7歳4ヶ月まで

4歳0ヶ月   発達専門診療所にてSTを開始。月1回程度)~6歳4ヶ月まで

年少の冬~年中にかけてペアレントトレーニングを行う

4歳5ヶ月 ↓年中↓

4歳11ヶ月 民間療育施設にて療育開始(個別療育週1回、1回1時間)~6歳6ヶ月まで

5歳5ヶ月 ↓年長↓


6歳5ヶ月   特別支援学校入学

病院で行った療育について

息子が通っている発達専門の診療所は、発達医療の総合的な施設です。

療育園や相談機関、成人部門等、たくさんの役割が同じ建物の中に入っています。

でですね、息子が2歳8ヶ月から通っていたのは医療部門の方です

精神科になります。

この精神科の先生が必要だと判断してくれれば、療育センターにつながりまして、その子に必要な療育を受けられます。

息子の場合は、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)、臨床心理士から療育を受けることができました

他にもPT(理学療法士)やORT(技術訓練士)等がいるそうで、その子に応じた支援が受けられるようになっています。

いずれも、先生と1:1の個別療育で、時間は1コマ45分くらいだったと思います。

精神科は長くても10~15分くらいの受診時間なので、よりじっくり相談できたり、専門的な訓練ができたりします。

そして、うれしいことに、それが医療費の中で受けられる

私の住んでいる市は、1月4回までは1回500円で、それ以降は無料だったので、『この内容がこの価格で❗❗』非常に助かりました😊

並行通園に通えなくなった息子にとって、もはやすがれるのはここしかない❗と思い、

精神科の先生に、「あれができません。」「これが困っています。」とアピールして、色々な療育をスタートさせることに成功しました(笑)

OTってどんなことをやるの?

”OT”とはOccupational Therapistの略で、作業療法士のことです。

息子が療育で行ったOTでは、日常生活で使う動作をメインに、体の動かし方や手先の使い方等を丁寧に見てくれました。

息子は最初、『スプーンがうまく使えない』という理由でOTを始めることになりましたが、そこから発展して、最後は自転車まで見てくれました。

そこは、親と相談して取り組んでくれます。

年少の6月(3歳8ヶ月)~年長の12月(6歳2ヶ月)まで続けました。


息子がOTで取り組んだ内容↓↓↓

①スプーン・フォーク、鉛筆、お箸の使い方

②着替え

③椅子に長い時間座る

④なわとび

⑤四肢を使って登る(ロープでできた格子状に組み合っているはしごを登る)

⑥ボタン

⑦自転車


こんな感じだったと思います。

以降は、各項目どんなことを行ったか、簡単にご説明します。

①スプーン・フォーク、鉛筆、お箸の使い方

スプーンやお箸に関してはこちら↓↓↓で書かせていただいた内容を教えてもらいました。

今回は、スプーンやフォークをにぎらずに持てるようになる工夫をご紹介します🙂 うちの息子は、なかなか手づかみ食べから卒業...

鉛筆筆圧や、親指・人差し指・薬指の3点で支える等、力の問題が難しいんですよね。

親指と人差し指でOKマークを作って、キレイな〇ができるように練習したり、大き目の三角鉛筆を使うと良いと教わりました。

肘をついて書けるように・・・とも指摘されました。

スプーンに関して、実際にお皿と食べ物を持って行って、食べている様子を見てもらいました。

練習は、おはじきを容器から容器にスプーンですくって移す練習をしました。

お箸は、子ども用のお箸を1本持って、ホースを輪切りにした物をすくう練習から。

だんだんと2本で持ち、最後はビービー弾くらいの小さな物をつかむこともできました。

OTのアドバイスで、家でも、おやつをあえてスプーンやお箸を使って食べさせる練習をしました。

プリン、アイスはスプーンが欲しいので、そういうおやつにしたり、グミをお箸に刺して食べてもらったり。

食事中は食事を楽しむために、あえて訓練らしい訓練はしませんでした。

スプーン、フォーク、お箸を置いて、息子が使いたい物を使う形にしていました。

②着替え

これに関しては、シャツが上手く着れない点を見ていただきました

息子が着ている服に洗濯バサミを付け、それを取るために手が体に周っているかチェックしたり紐やバンドを首に通して、自分で外せるかもチェックしたりしました。

穴に首や腕を通す作業が難しかったり、目が服で隠れるのが嫌な子もいるそうで、OTならではの視点で解決を模索してくれました。

③椅子に長い時間座る

椅子に長い時間座れないのは、体幹の弱さやバランスが影響している可能性もあるとのことで、バランスボールやブランコ等使ってチェックしました。

「体幹が弱い印象はないが、すぐに床に寝転んでしまうよね。」とか

「ブランコのように不規則に動き、揺れている座面が見えないのが苦手かもね。」

とアドバイスを受けました。

同じ”揺れ”でも吊り橋は得意なんです。

「吊り橋は、揺れている足元を目で見ることができ、手でバーを支えて確認しながら移動できるから、同じ”揺れ”でも性質が違うんですよ。」と教えてもらいました。

なるほど👏

④なわとび

これに関しては、また別記事で書きたいと思います❗

手作りした道具がありますので、また紹介できたらと思います。

⑤四肢を使って登る

この課題は、天井から格子状に組まれたロープが吊る下げてあり、それを手足を使ってよじ登っていくんですが・・・

”揺れ”が苦手な息子にとってはハードルが高くて😓

また、両手足4本を上手に使うことも不器用でなかなかできませんでした。

なるべく揺れないようにロープを固定したり、ゴールを低くしたりして取り組みました。

最初はお尻を支えてあげたり、足場を誘導してあげないと登れませんでしたが、半年後には自分でスイスイできるようになり、自らやりたいとせがむくらいになりました。

⑥ボタン

最初、練習用にはめやすく作られた物を机に置いて、それをはめる、外す練習をしました。

最終的には、園服をお借りして息子が実際に着てみて挑戦しましたが、息子の通う園は園服が無かったため、焦らずにやっていこう、ということになりました。

それでも、だいたいできるようになっていました。

⑦自転車

OT終盤、本当に数回でしたが、補助輪のついた自転車に乗って、こぐ、ブレーキをかける練習をしました。

息子、自転車に全く興味が無く、三輪車もこげませんでしたが、この時からこぐことを覚えました。

まとめ

以上が息子が体験したOTのお話でした。

身体を動かす活動と、椅子に座って手先を使う活動、大きく2つに分かれた内容を、1回の中でうまく取り入れてくれるので、息子も飽きずに取り組めました。

訓練は、OTルームのみならず、体育館を使用してボール投げやフラフープ等、ダイナミックな活動もできました。

息子が好きな遊びも取り入れながら行ってくれたので、息子にとっては本当に”遊びに行く”ような感覚だったと思います。

楽しく練習できるのが1番だと思うので、私も通うのが楽しく、気楽に通える場所でした。

次回はSTのお話をしたいと思います😉