【療育】発達障害の息子の言語療法(ST)

みなさん、こんにちは。

本日は、息子が通ったSTのことについて書きたいと思います。

これまでの療育歴については↓↓↓をご覧ください。

こんにちは🙂 今日は、息子が通ったOTについて書きたいと思います。 これまでの療育歴については↓↓↓をご覧ください。 ...
今回は、息子の並行通園のお話です。 こちら↓の続きになります。 療育歴のまとめ 息子の療育歴をまとめました。 ...
今回は、息子の幼稚園入園前まで行っていた療育のお話です。 自閉スペクトラム症の息子は、2歳1ヶ月から療育を始めました。...

療育歴のまとめ

おなじみの、息子の療育歴のまとめです。

今回のテーマは黄色のマーカーをした部分のお話しになります。

2歳1ヶ月   社会福祉協議会にて療育教室。(小集団療育月4回)~2歳8ヶ月まで

2歳1ヶ月     社会福祉協議会にて在宅訪問。(個別療育月4回、1回1時間)~2歳8ヶ月まで

2歳8ヶ月   発達専門診療所、児童精神科の医師より、自閉スペクトラム症と診断。

2歳8ヶ月   療育専門施設にて療育教室に移行。~3歳5ヶ月まで


3歳5ヶ月   地元の私立幼稚園に入園  ↓年少↓

3歳6ヶ月   療育専門診施設にて並行通園開始(週1回)~3歳8ヶ月まで

3歳8ヶ月   発達専門診療所にてOTを開始(月1回程度)~6歳2ヶ月まで

3歳9ヶ月   発達専門診療所にて心理を開始(月1回程度~半年に1回程度)~7歳4ヶ月まで

4歳0ヶ月   発達専門診療所にてSTを開始。月1回程度)~6歳4ヶ月まで

年少の冬~年中にかけてペアレントトレーニングを行う

4歳5ヶ月 ↓年中↓

4歳11ヶ月 民間療育施設にて療育開始(個別療育週1回、1回1時間)~6歳6ヶ月まで

5歳5ヶ月 ↓年長↓


6歳5ヶ月   特別支援学校入学

STとは?

”ST”とは、Speech-Language-Hearing Therapistの略で、言語聴覚士のことですね。

療育でのSTは、発声や発音のための口の動かし方や筋肉の使い方を見てくれたり、言葉であったりカードであったり、その子なりのコミュニケーション力を向上させるための訓練を行ってくれます。

最初、精神科の先生にST受診の打診をした時に、「まだSTは早いんじゃないかな?」と言われました。

STは基本、座っての訓練です。

OTは身体を動かす時間も多く、遊びの延長のような感じでしたが、STはどちらかと言うとお勉強色が強い療育になります。

「息子の離席が多いようならば中止しますから、まずはできるかどうかお試しで」と精神科の先生に言われました。

STは人気でとても混んでいたため、新規で入れるのは慎重なんだな・・・と感じました。

息子の言語能力について

初回のSTを受けた時、息子は4歳0ヶ月、年少の10月でした。

まず最初に、息子の言語能力についてチェックしました。

息子のことについてあれこれ私に聞き取り調査があり、息子に対しても簡単な発達の検査をしました。

積み木を積んだり、先生の真似をしたり、先生が言う絵カードを取ったり。

また、口の周りの発達を調べるために、海苔を小さくちぎって息子の口の周りに付け、舌だけで取れるか試したり、ティッシュを吹いたり

結果は、息子の口の周りの発達は問題なさそうでした。

発音もきれいにできています。

動詞の理解については、「手を洗っているのはどれ?」だと理解できないのですが、「手をゴシゴシしているのは?」と聞くと理解できるんです

赤ちゃん言葉だと理解できるだなぁと気づかされました。

形容詞は、「赤い靴は?」と聞くと、『赤い靴』と『赤い帽子』の二枚の絵カードを取りました。

おそらく赤+靴ととらえて二枚出しているのだろうとのこと。

息子は、絵カードの意味を答えたりする『言わせられる』のはイヤなようでした。

でも、先生の真似はよくしてくれます。

また、DVDや絵本の再現等、しゃべりたいことを我慢できない様子もありました。

適切な時に言葉を発する、話過ぎてしまう衝動をコントロールをするのもSTの対象です。

言語の能力は、絵カードで提示された一般的な果物や動物は何とか答えることができました。

コミュニケーション能力は、訴えたい時に使える単語を言うことはあるけれど、まだ人の手を持って誘導するクレーンがあったり、想いが伝わらなくてワーっとパニックになったり、課題がたくさんでした。

今後については、「STを始めるにはちょうど良い時期と判断し、3語文が使えるようになるまでお付き合いしましょう。」と先生がおっしゃってくれました✨

STってどんなことをやるの?

毎回、課題が3つくらい用意してあって、息子が自分で順番を決めボードに貼っていきました。

息子に出された課題、覚えている範囲ですが、こんな感じです。

①絵カードの名詞を答える

これは、くもんの絵カードや先生オリジナルの教材が使われました。

バナナの絵を見て「バナナ」と答えるというものです。

それができるようになったら、

「皮をむいて食べる黄色の食べ物何?」

「海の上を動く乗り物何?」

など質問の内容を変えていきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くだものやさいカード(1集)第2版 (くもんの生活図鑑カード) [ 飯塚宗夫 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2019/3/11時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

のりものカード第2版 (くもんの生活図鑑カード) [ 鈴木一義 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2019/3/11時点)

楽天で購入

息子は箱に入れるのが好きだったので、絵カードを答えられたら手作りのポストのような箱にカードを入れることができる仕組みにして、先生が上手に対応してくれました。

②大小区別

これは、先生オリジナルの教材を使いました。

『大きいりんご』と『小さいりんご』の絵があって「どちらが大きい?」の質問に答えます。

ゾウとねずみなんかもあったと思います。

③長短区別

長い紐、短い紐を用意して、「どちらが長い?」の質問に答えます。

ちなみに息子は、”長い”も”大きい”と答えていました。

長さも区別はできるけれど、”長い”や”短い”という言葉が使えなかったです。

④パズル

くもんのジグソーパズルを使うことが多かったです。

これ、裏に数字が書いてあるんですよね。

息子はそれを見て作ってしまうため、「絵を見よう」と声掛けしながら作りました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KUMON くもんのジグソーパズル STEP2 なかよし どうぶつ ファミリー くもん出版
価格:1728円(税込、送料別) (2019/3/11時点)

楽天で購入

また、タングラムもやりました。

大人の私でも首をひねります😓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くもん出版 NEW たんぐらむ NEWタングラム [NEWタングラム]
価格:1840円(税込、送料別) (2019/3/11時点)

楽天で購入

④ひらがな

セリア等で売っている商品を使いました。

お風呂に貼れるひらがなの商品です。

↓↓↓

(こちらの画像はアマゾンからお借りしました。)

息子、ひらがなは読めましたので、マッチングのテストをしました。

『とまと』と書かれているカードを”トマトのおもちゃ”の上に置けるかとか、文字と物が合っているかの確認をしていきました。

⑤動詞の絵カード

これは、先生が作ったカードでしたが、ボールを蹴っている子や泳いでいる子の絵カードがあって、先生が、「ボールを蹴っている子はどれ?」等の質問をして息子がそのカードを取る課題です。

慣れてきたら、絵カードを見せて、その絵が何をしている絵か息子に答えさせる使い方もしました。

「走る」とか「食べる」とか、動詞そのままの形で。

「走っている」というふうには教えていなかったです。

⑥スリーヒントゲーム

七田から出ているカードを使用しました。

うさぎやくま等の動物が、はみがきをしたり、ボールで遊んだりしています。

先生はカードを何枚か並べて置いて

「私は帽子をかぶっています」

「青い服を着ています」

等のヒントを出して、正解のカードを見つける課題です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スリーヒントゲーム☆★
価格:463円(税込、送料別) (2019/3/11時点)

楽天で購入

慣れてきたら、「この子はだ~れ?」「何してる?」等、息子に答えさせるように使っていました。

⑦言葉を記憶する課題

息子がSTでもっとも時間を費やしたのは、この言葉を記憶する課題です。

果物や乗り物、動物といった絵カードが並んでいます。

その中のどれか2~3つ先生が言葉で言います。

息子は、その言葉を覚えて、順番通りに絵カードを並べられるか?という内容です。

わからない時は「もう一回教えて」と言うように指導されます。

息子の場合、目でカードの位置を記憶してしまうので、絵カードは裏返しにしたり、遠くに置いたりして見えないように工夫します。

この課題がなかなかできませんでした。

言葉を記憶できない。

ワーキングメモリが低いのは、発達検査でも結果が出ていましたが。

この”言われた事を記憶する”ということは、勉強や仕事、日常生活に関わってくるため、訓練が必要でした。

また、2~3つ言葉を覚えられるようになると、2語文、3語文につながっていくそうで、この課題を毎回毎回行っていました。

診療所で行っている療育は、基本的に小学生になる段階で1度卒業になるため、息子も年長の2月で卒業しましたが、この課題は最後の最後まで難しかったです。

STでもらった親への課題について

STは、療育として診療所で受けられる機会が1ヶ月に1度あるかないかでした。

とっても混んでいましたね。

言葉の訓練は日々の積み重ねが大切です。

なので、基本的には家で訓練することになると言われました。

つまり、親の努力が必要になります。

動詞~赤ちゃん言葉と正しい言葉の両方を伝える~

最初にもらった課題は、動詞をたくさん教えること。

動作をする際、赤ちゃん言葉と正しい大人の言葉を両方言ってあげてと言われました。

例えば、ご飯を食べる際には「パクパク食べる」と言いながらご飯を食べる。

太鼓を叩く際には「トントン叩く」と言いながら叩く。

息子は、伝えられる言語量より伝えたい方が上回っているため、動詞をたくさん理解できることで、伝えられる言葉が増えることにつながるとのことでした。

日本語、教えるという視点を持つと、結構難しいんですよね。

例えば、動詞の「かける」は「醤油をかける」「布団をかける」「電話をかける」等、同じ音で違う意味を持ちます。

どのように教えていけば良いのでしょうね。

先生いわく、まずは、日常で使う動詞(食べる・飲む・着る等)を理解できるように優先してください、と言われました😅

「難しい動詞も、いずれ理解できるようになるでしょう」と励まされました。

名詞のカテゴリー分け

”りんご”や”バナナ”は『食べ物』です。

さらには、『果物』というカテゴリーに分かれますよね。

”バス”や”船”は『乗り物』です。

それがわかるようになったら、『陸の乗り物』『海の乗り物』等にも細分化できます。

”いぬ”や”魚”は『動物』です。

もっと大きなカテゴリーでは『生き物』ですね。

これを教えて下さい、とのことです。

100均に貼って剥がせるシールブックがあるんですけれど、それに、『食べ物』や『乗り物』がまとまったものがあるので、それを利用しました。

それから、くもんの絵カードを机に並べて、「動物はこっちの箱、食べ物はこっちの箱に入れてね。」というような訓練をしました。

買い物ごっこ

上記でご紹介した通り、息子は言葉の指示を覚えるのが苦手でした。

なので、家で買い物ごっこ等をして訓練してください、と言われました。

ままごとの果物や野菜を息子の見えない所に用意して、言葉で「りんご・バナナ・かぼちゃをください」と伝え、それを取って来てもらう訓練です。

とにかく苦手だったので、遊びの延長のような形で、なるべく訓練にならないように努めました。

できたら、ご褒美に好きなお菓子を与えていましたね。

その他いただいたアドバイス

独り言が多いけれど、どう対応したらよい?

息子は、絵本やTVのセリフをブツブツ言うのが多くて、出かけている時とか、園でもそうなんですが、どう対応したらよいのか迷いました。

STの先生いわく、「この年齢は独り言は皆言うもの。それで色々確認したりしているので、そのままで良い。無理にやめさせようとするとひどくなるので・・・」とアドバイスをいただきました。

大きくなっての独り言に対しては、”公共の場では静かにする”といったことを教えていく必要があると思うのですが、幼稚園児に関しては、無理やりやめさせなくていいんですね。

お友達を叩いてしまう、どうしたらよい?

言葉を上手く使えない息子は、嫌な時にはかろうじて「イヤ」が言えましたが、前にいるお友達に対して「どいて」が言えませんでした。

言葉よりも手が早い状態で、お友達を叩いてしまうことが多々あり困っていました。

「どいて」が言えないなら、『肩を叩く』→どく練習をしてみたら?とアドバイスをいただきました。

ただし、この場合は、大人が2人必要で『肩を叩く』役と『肩を叩かれてどく』役を実際にやって見せてあげて練習する必要があると言われました。

これ、なかなか難しくて結局取り組めませんでしたが、この”お友達を叩く”ことについては、心理でも相談し、無くなるまでだいぶ時間がかかりました。

幼稚園年中くらいから本格的に手が出るようになって、小学1年の5月まで続きました。

が、確かに、言葉の発達とともに落ち着きを見せ、今ではほとんど手が出なくなりました。

言葉でうまく伝えられなくて、当時の息子は相当イライラしていたんだろうなぁと改めて思います。

まとめ

STを終えたのは去年の今頃、ちょうど1年前くらいなんですが、なんか、もうやったことを覚えていないです(笑)

余談ですが、前半の詳細に書けている部分は、記録を付けていたからです。

私、就学支援委員会に出す書類が作成されるあたり(年長の春)までは、とにかくなんでも記録を付けておりました。

支援学校に入るために必要なことだと思っていたからです。

でも、それ以降は怠けて記録を辞めてしまったんですよね。

だから、後半を覚えていないんです。

もったいないことをしました。

面倒だけれども、記録取っておけばよかったです。

記録を取るって大事なんですよね。本当に。

話を戻して・・・

ST、家でやる課題が大切でしたが、あまり真剣には取り組めませんでした。

だって、大変なんですもの・・・

それに訓練みたいになると、どうしても厳しくなってしまうものです。

できなくて、親も挫折します😱

日常生活の中で、遊びの延長のような形で自然に取り組めるものが理想だなぁと感じました。