【防災】自閉っ子を持つと、防災に過敏になる② 自宅で避難生活を送る~非常食編~

今回は、自宅で避難生活を送るために、我が家で備えてある非常食をご紹介します。

水も電気もガスも利用できなくなった場合、非常食は頼りになる存在です。

昨年、3日間の停電を経験してわかったのですが、数日の停電だけならわりと普通の生活ができます。

例えば、料理を作る際も、カセットガスコンロを使用すれば鍋もフライパンも使えるので、料理の際はたいして不便さを感じなかったです。

冷蔵庫内の物をせっせと消費して、案外普通の食事が食べられました。

魚なんかは、カセットガスコンロを外に持って行って焼いたのですが、バーベキューみたいで子どもたちのテンション上がっちゃって。

むしろ、普段よりもおいしくいただけたくらいです。

でも、断水すると一機に困り感が増します。

調理にどっと制限がかかるんです。

洗い物ができないのが痛いです。

それが、何日後に復旧する見通しがある・・・とかなら良いのですが、いつまで続くかわからない場合、やはり手軽に食べられる非常食を備えることは大事なのかな、と改めて思いました。

ということで、我が家では非常食を定期的に購入し、ため込んでおります。

試食を済ませてある物については、感想も含め書いていきたいと思います‼

非常食のご紹介

まず、缶詰のビスケット類です。

ホームセンターやドラックストアなんかにも売っていて入手しやすいと思います。

でも、このまま食べると、口の中の水分が全部持って行かれるというか、パサッパサで味にも飽きるので、同時にジャムやハチミツをセットにして保管しています。

↑写真の上段真ん中に写っている『ライスクッキー』はアレルギー対応の非常食です。

特定原材料等27品目未使用の物だそうです。

味はプレーン味とイチゴ味がありますが、断然イチゴ味がおすすめ❗

普通におやつで食べたいくらい、サックサクでおいしい👌

↓下の写真で紹介している缶詰等ののパン類、すべて試食しましたが、

紙コップパン<缶詰パン<サバイバルパンの順にしっとりして食べやすい印象です。

1つの缶詰に、パン1個丸ごと入っているタイプや、2つに分かれて入っているタイプの物があります。

女性や子ども用でしたら、分かれている方が食べやすいかもしれません。

↓の写真で紹介している物だと、『新・食・缶ベーカリー』(写真の下段左から2番目)以外はすべて2個入りです。

㈱ヤタローの『新・食・缶ベーカリー』はまるごとドーンと入っています。

↓↓↓

サバイバルパンは、ケーキのようなしっとり感で、特に私はドライフルーツのがおいしく感じました。

サバイバルパンのハスカップ味とシーベリー味は卵不使用ですので、卵アレルギーの方には良いのではないでしょうか。

やわらかいまま5年保存できます。

1つの箱に小さめのパンが2つ入っていますよ。

パン類の非常食は、種類が結構豊富です。

パンなのかマフィンなのか、缶詰なのか真空パックなのか、味もプレーン、チョコ、ミルク、オレンジ等々たくさん用意されていますので、お好みの物を見つけるために、一度召し上がってから買いだめすることをおすすめします。

缶詰パンでしたら、個人的には、日興食品㈱の『マフィン’s工房』のチョコチップは食べやすかったです。

息子も好きでした。

その他のパン缶もおいしいですよ。

これはもう、好みの問題ですね。

補足ですが、成人1日あたり1,200キロカロリー、子どもは1日900キロカロリーが必要だそうです。

非常食は、そのあたり考えられて作ってあるそうで、缶詰パン等見ると、1個だいたい400キロカロリーです。

↓こんな真空パックの物もあります。

缶詰の賞味期限は約3年ですが、パック製品は約5年と長いものが多くなります。

”おこげ”3種はお菓子のような感じです。

味つけが濃いスナックのような感じです。

1パック食べるとお腹いっぱいになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

非常食安心米おこげ『コンソメ味』(スナック お菓子 非常食 保存食)
価格:286円(税込、送料別) (2019/7/11時点)

楽天で購入

アルファ化米は、十分に水やお湯で戻さないとカリカリの部分が残っていて歯に不意打ちをくらうことがありました😓

さて、ここまで紹介してきましたが、私の数少ない経験の中で、試食してみてこれは美味しい❗と思えた非常食は・・・

こちら↓↓↓

↑写真下段にある商品はすでに先程ご紹介させていただきました。

上段にある商品は、ご飯2種類と”きんぴらごぼう”です。

どちらもミドリ安全さんの商品です。

まず、ご飯。

商品名は『そのままご飯』です。

このご飯はいわゆる普通のアルファ化米とは違って、水もお湯もいりません。

商品名の通り、そのまま食べられます。

温めの必要もありません。

種類は、五目ご飯、カレーライス、チキンライス、中華丼の4つあり、すべて試食したのですが、特に五目ご飯と中華丼がおいしくてびっくり‼

こういうご飯って、今まで残念なお味の物しか食べてこなかったので、きっとこれも・・・と思って食べたのですが、冷たいままでも全然おいしい😊

ご飯は少しべちゃっとしていますが、具の感じ、味付け、どれも大満足でした。

非常食って、ビスケットやパンといったものが多くて、ご飯類はせいぜいおかゆやアルファ化米しか存在していないと思っていたので、これを食べた時は衝撃でした。

年配の親族のためにストックするのにもおすすめです。

ちなみに、チキンライスは、妙に甘い味付けで、カレーライスは、レトルトのカレーがあるので、その2つはチョイスから外しています。

続いて、”きんぴらごぼう”です。

こちらの商品は、『美味しい防災食』

種類は、ハンバーグ煮込み、肉じゃが、きんぴらごぼうの3種類を試食しましたが、特に”きんぴらごぼう”、これはもうスーパーのお惣菜レベルでないの?という程おいしかったです✨

肉じゃがは、袋から出すと、本当に肉じゃがそのもの。

ジャガイモも普通においしくいただきました。

おかずは、最近は色々なメーカーから出ていますよね。

息子がハンバーグなら食べられるかな?と思って、以前からいくつか試食しているのですが、どれも満足いかないお味でした。

この『美味しい防災食』のハンバーグも、まぁ・・・食べられるけど、ストックとまではいかないかな~という感じでした。

とはいえ、全般的にミドリ安全さんの非常食はおいしい物が多いなぁと思いました。

非常食の進化を感じましたよ。

1つ残念なのが、ミドリ安全さん、セット売りなんですよね。

なので、数量少なく買えないんです。

ご家族、お友達でシェアですね。

ローリングストック

非常食ではないですが、我が家の食品棚です。

↓↓↓

シリアル、パスタ、レトルトカレー、スープ、インスタント麺等が入っています。

これは、ローリングストックですね。

インスタント食品も、息子が食べられる物を中心に買いだめ定期的に食べています。

他には、ツナ缶を大量にストックしてあります。

ツナ缶なら息子が食べてくれて、ご飯にもパスタにも合うので。

タンパク質の缶詰、何種類か買って食べましたが、息子にはどれもNGでした。

焼き鳥缶、ベーコン、コンビーフ、さば缶、他にもあったかな?

例え温めて食べたとしても、私でもキツイものもありました。

あとは、みかんの缶詰ですね。

息子は、数あるフルーツの缶詰の中でみかんしか受け付けなかったです。

野菜や果物が不足するであろうから、野菜ジュースも普段から飲んでいる物をストックしています。

まとめ

非常食、何が良いかわからず、とりあえず買っておけば安心、と思っている方、結構いらっしゃると思います。

でも、いざ試食してみると、これはどんなにお腹が空いていても食べたくないな・・・という物が結構存在します。

特に、自閉っ子の息子のように偏食がある方は試食してから備えることが大事だと思います。

学校でも言われていますが、非常食は食べられる物を!です。

お腹が空いていても、食べたくない物は受け付けないのが発達障害を持つ方の辛さです。

そうでない人も、被災してただでさえ大変なのに、食事がまずいと余計に気が引けるのではないかと思います。

非常食、お値段もそこそこするので、何もない時に食べるのはもったいないなという気もするんですけどね。

ストックしておいて、賞味期限が近い物はそのまま捨てるのではなく、是非食べてみてください。