【防災】自閉っ子を持つと、防災に過敏になる③ 自宅で避難生活を送る~備えているもの編~

我が家の防災備蓄品は、普段でも使うような食糧や紙皿なんかは、キッチンに置いたり、外の物置に置いたりして、普段の食事やたまのバーベキューなんかに利用しています。

その他の物は、だいたい和室の押し入れに入れてあります。

それがこれ↓↓↓

一間の押し入れに防災グッズをぎっしり詰めています。

収納ケースの引き出しには、細々した物が入っています。

こちら↓は、電池、軍手、ランタン、ウォータータンク、ポリ袋。

ウェットティッシュ、ラップ類、紙皿、ゴム手袋等です。

↓は、カイロ、ゴーグル、マスクや非常食ですね。

最後に、レインコート、生理用品、はみがき等の衛生用品、たためるバケツなんかもあります。

これ↓は、ダンボールトイレを組み立てたものです。

使いたい時に困らないように組み立ててあります。

トイレの凝固剤もストックしてありますが、断水が長期に渡った時に足りなくなる恐れがあるので、使わなくなったオムツは捨てずに取ってあります。

オムツを袋に敷いて用を足すとか。

他にもオムツにはこんな使い方があるとか・・・

においが漏れないように、専用の袋も用意しています。

トイレ代わりに猫砂が良いと言われたこともあり、猫砂も少し用意してありますが、本当に使えるのでしょうか・・・

そうそう、中身が見えないように、黒いポリ袋 を多めにストックしています。

ポリ袋と言えば、火災の際に透明の大きなポリ袋を被って逃げると良いそうなので、これも備えてあります。

45Lのポリ袋が縦80cmでした。

そして、ポリ袋と言えば、調理に使えます。

『アイラップ』という商品は、湯煎してもOKなポリ袋です。

↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイラップUF ポリ袋(60枚入)
価格:190円(税込、送料別) (2019/7/11時点)

楽天で購入

調理方法は、ネットにたくさん出ていますが、一度ご飯をポリ袋調理で炊いてみましたが、ちゃんと食べれるものができました。

調理ついでに、おきまりのカセットガスコンロのセット。

必須です。

うちみたいなオール電化の家は特に。

隣に写っている『アルポット』はアルコールランプのような原理でお湯が沸かせる商品で、キャンプでも便利だそうです。

避難所や車中で生活することになった際に、ガスコンロって・・・火災のリスクあるからだめだよな、と思って購入しました。

このアルポットは、内燃構造なので屋外でも風の影響なく使えます。

続きまして、ポータブル蓄電池です。

我が家が、屋根にソーラーパネルがついていません。

なので、停電時の電源は課題です。

色々迷いましたが、評判が高いパワーアークを購入しました。

いや~高かった😓

普段使わない物だけに、ずいぶん悩みましたが思い切りました。

後ろに見えるのが、専用のソーラーパネルです。

折り畳みができないので大きいです。

300wまでの製品なら使えます。

扇風機とか、テレビもこれにつないで見られました。

真冬寒い時期に車中で使おうとした時に、低温で使えない事がありましたが、それでも、これがあるおかげで、ずいぶん心に余裕が生まれます。

スマホの充電に頭を悩ますことがないから。

息子、youtube無しに余暇を過ごすことが難しいので😥

昨年、停電した際に、小さなソーラー充電器でスマホを充電したのですが、これがめちゃめちゃ役に立って。

日中、常にモバイルバッテリーをつないで発電させていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RAVPower ソーラーチャージャー ソーラーパネル 24W 3ポート 各機種対応 sl01
価格:7999円(税込、送料無料) (2019/7/11時点)

楽天で購入

もう、手回し充電器なんて使えないな・・・と思いました。

手回し式、定期的に回さないとダメになるそうですね。

うちにも2台手回しラジオ兼充電器がありましたが、停電の時使えませんでした。

電源と言えば、医療的ケアが必要な方は停電って命に係わる問題ですよね。

発電機はお値段的に○○万円ってのが結構ありますし、屋外使用が一般的なのかな?

地元の障がい児対象の防災キャンプでは、カセットボンベで使用できるこちらのタイプの発電気を利用していたそうですが、人気で現在手に入りにくいようです。

続きまして、非常持ち出し袋ですが、1次避難用と、避難所生活用に分けてあります。

長丁場の避難生活になる際には、スーツケースも用意しています。

↑これが1次避難用。

最低限の物を詰めて軽くしてあります。

中身は季節に合わせて変えますが、雨が降っている中の避難用にレインコートを入れたり、タオルを入れたり。

あとは、水とか、簡単な食べ物が入っています。

問題はどこに置くかなのですが、玄関の隣が防災グッズを備えてある和室なので、和室に置いてあります。

押し入れにしまわずに、置いてあります。

和室は4.5畳で、畳の上には何も置いていないので、転がっても探せるかな~と思いまして。

↑玄関には、ヘルメットとおんぶ紐を用意してあります。

赤ちゃんの際に利用していておんぶ紐ですが、まだ使えるんですよ❗

息子、小2ですが20キロ。

なんとかおんぶできる範囲です。

怖がって動けなくなる可能性があるので、備えてあります。

あと大きいのは水ですね。

床下倉庫は水だらけです。

写真に写ってない所も水だらけです。

私の住んでいる自治体は、水源のないところです。

地震の際、震度4以上だったかな?

大きな揺れが起こると、自動的に水道が止まるそうなんです。

そして、水道管等に影響がないか調べて、大丈夫だったらまた水が来るようになります。

だいぶ長い間の断水を覚悟しなければならない地区に住んでいるので、水は定期的に買い足しています。

そして、使えるようになってもしばらく濁り水で飲み水には難しいという話も聞きましたので、ウォーターサーバーを辞めて、水道直結の浄水器サーバーを取り付けました。

放射性物質も除去するそうです。

これだけ備えているので、どうか火事にだけはならないで欲しいと願うばかりです。